アスベストレベル3(石綿)(神奈川県横浜市解体ブログ)|株式会社サンライズ 【公式】

サンライズの
現場ブログ
BLOG

アスベストレベル3(石綿)(神奈川県横浜市解体ブログ)

東京、神奈川県横浜市の皆様こんにちは。

神奈川県横浜市で解体業をしております株式会社サンライズのブログ担当です。

今回はアスベストレベル(石綿)についてご紹介いたします。

アスベスト(石綿)はレベル1~3に分けられています。

アスベスト(石綿)のレベル3にあたる建材の作業はどういった作業をするのでしょうか?

アスベストレベル3は家屋解体・解体工事を行う際に最も多いレベルになります。

アスベスト(石綿)の作業レベル3

アスベスト(石綿)はレベル1~3に分けられており、発じん性によって分けられています。

レベル1が最も危険で発じん性が著しく高くなり、

レベル2は高い、

レベル3は比較的低い とされています。

このアスベスト(石綿)レベル3について少し簡単に紹介していきます。

そもそも発じん性とは解体工事の際における粉じんの発生率の事を指し、飛散性と同じなのです。

比較的発じん性が低いレベル3にあたる神奈川県横浜市での家屋解体・解体工事でもアスベスト(石綿)除去、解体作業員や、近隣の皆様へ健康被害とならないように飛散の危険性、レベルにあわせて飛散防止策、作業をしなければいけません。

発じん性が比較的に低い作業となりますがアスベスト除去、家屋解体・解体工事の際には破砕や切断をしてしまう為飛散のおそれがある為湿潤化を原則としアスベストレベル3に応じた防塵マスク等を使用して作業を行っていきます。

アスベスト(石綿)がレベル3となる建材は主にスレート、Pタイル、サイディング、ケイカル板第1種、押出成形セメント板となります。

神奈川県横浜市での家屋解体・解体工事の前にアスベスト(石綿)の事前調査を実施し、結果を保管し、その後アスベスト(石綿)作業計画の作成、周知をしなければいけません。

アスベスト(石綿)除去、解体作業員の健康を守る為に解体等の作業に従事する者は石綿取扱い従事者特別教育を修了し労働安全衛生法による石綿作業主任者の技能講習を修了した者を石綿作業責任者の選任をおこないます。

その他に健康診断の実施、記録の保管、レベル3に合わせた保護具、保護衣、作業衣を着用します。

アスベスト(石綿)粉じんを飛散させない為にも解体等作業に関するお知らせ、立ち入り禁止、飲食禁煙禁止、有害性等、の掲示をしなければいけません。

レベル3の作業方法としては手作業でアスベスト(石綿)含有建材の湿潤化をしながら行います。

撤去後は石綿含有とした廃棄物の適正処理を行います。

神奈川県横浜市でアスベスト(石綿)の作業をおこなった場合には作業記録を40年保存、保管をしなければいけません。

アスベストレベル3と発じん性は低いですがしっかり作業を行っています。

株式会社サンライズはお客様を第一に考え、安心安全な施工を行っており、

ご依頼くださったお客様はもちろんのこと、

東京、神奈川、近隣にお住まいの方々にも
信頼していただける丁寧な施工を提供いたします。

お見積り、ご相談は、フリーダイヤル: ( 0120-330-270 ) 、ライン からでもご相談できます。

いつでも、お気軽にお問合せ下さいませ♪

神奈川県横浜市の解体工事専門店 サンライズ|無料相談はこちらから!
神奈川県横浜市の解体工事専門店 サンライズ|アスベストについて

サンライズのスタッフSTAFF

横浜地域密着の解体工事・家屋解体のプロにお任せください。

解体工事や家屋解体に関するお悩みごとは、些細な事でも私たちにお気軽にご相談ください!

営業部 課長天野 健史

取締役平本 義一

工事部長藤田 素久

工事部山田 拓

現場取締稲垣 洋平

代表取締役社長酒井 一謹