【神奈川県横浜市・川崎市・東京都の解体】30坪の家の解体費用の相場とは?|株式会社サンライズ 【公式】

サンライズの
現場ブログ
BLOG

【神奈川県横浜市・川崎市・東京都の解体】30坪の家の解体費用の相場とは?

こんちには。神奈川県横浜市で解体業をしております、株式会社サンライズのブログ担当です。

「家を解体したいが、30坪の場合の解体費用はいくらになるんだろうか」

自宅の大体の坪数を把握している方は、所有する建物の大きさによる解体工事の費用の相場を知りたいと思います。そのような方向けに、今回は30坪の家の解体費用の相場について、安くなるコツなども含めて解説させていただくので、是非参考にしてください。

また、神奈川県横浜市や川崎市で解体工事を検討されている方向けに、その地域での30坪の家の解体費用の相場や、補助金なども解説します。

30坪の家の解体費用の相場は?

30坪の家の解体費用の相場

家を解体することは、新しい家を建てるためや、土地の有効活用を図るために必要なステップになります。もし、所有されている家が30坪の場合、その坪数に応じた具体的な相場を知ることは、計画を立てる上で非常に重要です。

大前提になりますが、30坪(約100平方メートル)の家の解体費用は、地域や家の構造、その他の条件によって異なります。一般的には60万円から270万円程度が30坪の家の解体費用の相場でしょう。

構造坪単価目安総額目安費用の傾向
木造2万円~6万円60万円~180万円一般的な住宅で最も費用が安い
鉄骨造3万円~7万円90万円~210万円木造よりも解体費用が高い
鉄筋コンクリート造
(RC造)
5万円~9万円150万円~270万円木造や鉄骨造よりも解体費用が高い

例えば、東京都内で木造家屋を解体する場合、解体費用は坪当たり5万円から7万円が一般的です。このため、30坪の家を解体する場合、総額で150万円から210万円程度と言えます。

しかし、同じ東京都内でも鉄筋コンクリート造(RC造)の家や古い建材が多く使われている家の場合、費用はさらに高くなるこことが多いです。また、地方では解体費用が安くなる傾向があります。

これは、土地の価格や人件費が都市部に比べて低いためです。例えば、地方都市で同じ30坪の木造家屋を解体する場合、坪当たり3万円から6万円程度で、総額120万円から180万円程度になることもあります。

坪単価による解体費用の算出方法

30坪の解体費用を算出するには、2つの重要な概念を理解する必要があります。

坪単価

坪単価とは、建物の解体費用を1坪あたりで換算したものです。一般的に、木造で3万円~5万円、鉄骨造で4万円~6万円、RC造で6万円~8万円が目安となります。坪単価は、建物の構造や規模、解体業者の選び方、周辺環境などによって大きく変動します。

延べ面積

延べ面積とは、建物の各階の床面積を合計したものです。30坪の住宅であれば、1階と2階の床面積を合計して算出します。

30坪の解体費用算出例

木造30坪の住宅を解体する場合、坪単価を3万円と仮定すると、解体費用は以下のようになります。

坪単価(3万円/坪) × 延べ面積(30坪) = 解体費用(90万円)

ただし、これはあくまでも目安であり、実際の費用は上記で説明した様々な要素によって変動します。

神奈川県の30坪の家の解体費用の相場

神奈川県全体の30坪家解体費用の相場は、以下の通りです。

木造:90万円~170万円

鉄骨造:120万円~200万円

鉄筋コンクリート造(RC造)::180万円~260万円

横浜市の30坪の家の解体費用の相場

横浜市は神奈川県の中でも人口が多く、都市化が進んでいるため、解体費用も比較的高い傾向があります。

木造: 110万円~170万円

鉄骨造: 140万円~200万円

鉄筋コンクリート造(RC造): 200万円~260万円

川崎市の30坪の家の解体費用の相場

川崎市は横浜市に次ぐ人口規模を誇り、近年は工場や倉庫などの解体も増えています。

木造:100万円~160万円

鉄骨造:130万円~190万円

鉄筋コンクリート造(RC造):190万円~250万円

上記が神奈川県・横浜市・川崎市における30坪の家の解体費用の相場になります。横浜市のように都市化が進んでいる地域ほど、土地代が高く、重機の搬入などが難しいため、解体費用が高くなる傾向があるでしょう。

また、同じ地域でも建物の密集度が高いと養生や仮設通路の設置が必要となり、解体費用が高くなります。しかしながら、都市化が進んでいる地域でも解体業者の数が多ければ、競争が激しく、費用が安くなる可能性もあるのです。

神奈川県・横浜市・川崎市でもし、解体工事を検討されているようでしたら、是非弊社サンライズにご相談ください。弊社は東京都と神奈川県から許認可を受けている解体事業者です。

横浜市における30坪の家の解体工事施工事例はこちら

弊社は、神奈川県横浜市や川崎市で解体工事の実績が数多くあります。下記のような30坪程度の家の解体工事の施工事例も数多くありますので、是非一度お問い合わせください。

フリーダイヤル(0120-330-270)、またはLINEからでもご相談いただけます。

30坪の家の解体費用が高くなる要因

30坪の家の解体費用は、様々な要素によって大きく変動するのです。ここでは、30坪の家解体費用の相場が高くなるする主要な要因を詳細に解説します。

建物の構造や高さ

30坪の家でも、構造によって解体費用は大きく異なります。一般的に、木造は比較的解体が容易で費用も抑えられ一番安いとされます。しかし、鉄骨造、RC造はその頑丈さゆえに解体に時間と労力がかかり、費用も高くなるでしょう。

木造:2万円~6万円/坪。比較的単純な構造で、解体もしやすい。

鉄骨造:3万円~7万円/坪。木造よりも解体作業が複雑になる。

鉄筋コンクリート造(RC造):5万円~9万円/坪。最も解体作業が難しく、費用も高くなる。

また、建物の高さも費用に関係します。二階建て以上の家や地下室がある家は、一階建ての家に比べて解体にかかる手間が増えるため、費用が高くなるでしょう。高さがあることで、足場の設置や安全対策が必要になるため、追加のコストが発生するのです。

アスベストの有無

アスベストは健康被害を引き起こす可能性があるため、除去には専門知識と技術が必要となり、費用が高くなります。また、

アスベストとは、繊維状の物質の一部の総称です。「石綿(いしわた)」「せきめん」とも呼ばれています。アスベストは耐久性の面で強く、火事の際に建物を守る防火材として、または防音材、断熱材として建築材料の多くに使われてきた素材です。

しかし、アスベストの繊維は非常に小さく、これらが人の呼吸器系に入ると、肺がん、中皮腫などの重篤な健康問題を引き起こすことが知られています。そのため、多くの国ではアスベストの使用が厳しく制限されたり、全面的に禁止されているのです。

日本でも2006年の法改正でアスベストの使用が禁止されました。しかし、2006年以前に建てられた建築物の解体やリフォームを行う際には、アスベストが使用されている可能性があるため、専門の業者が安全な撤去作業を行う必要があります。

アスベストについて詳しく知りたい方は下記の記事も参考にしてください。

周辺環境や立地条件

周辺環境や立地条件によっても、解体費用は大きく変動します。例えば、敷地が狭いほど重機が搬入しにくく、解体作業が複雑になり、費用が高く傾向があるでしょう。

周囲に建物が密集している場合は養生や仮設通路の設置が必要となり、費用が高くなります。また、道路幅が狭いほど、重機が搬入しにくく、費用が高騰するケースも考えられるのです。

同じ地域、同じ坪数でも周辺環境によって費用が異なる点に注意しましょう。

廃棄物の量と種類

解体によって発生する廃棄物の量や種類によっても費用は変わります。特に、大量のコンクリートや金属が含まれる場合、処分費用は高いです。

また、リサイクルが困難な廃棄物や有害廃棄物が多い場合も費用が高騰するケースがあります。

時期と天候

解体作業の時期や天候も費用に影響します。例えば、天候の悪い時期は解体工事が中断せざるを得ないケースがあり、工期が伸びることで解体費用が高くなる可能性生じるでしょう。

また、3月~5月の繁忙期などは解体工事業者の需要が高まるため、費用が上がる傾向があります。同じ解体工事でも時期によって費用は高騰するケースがあることに注意しましょう。

付帯工事

解体には、建物を解体する以外にも、様々な付帯工事が必要となります。この付帯工事による費用も30坪の家の解体工事の費用総額に影響するので見極めましょう。

付帯工事が大がかりになればなるほど、もちろん費用も高騰するので注意が必要です。具体的な付帯工事の例は下記になります。

外構解体塀や門扉などの外構を解体する費用です。
樹木伐採敷地内に樹木がある場合は、伐採する費用が必要です。
残置物処理家財道具や家電製品などの残置物を処分する費用です。

30坪の家解体費用の相場は、上記の様々な要素によって大きく変動します。解体費用を節約するには、複数の業者から見積もりを取る、自分でできることは自分でやる、補助金制度を活用するなどの方法が考えられるでしょう。

30坪の家の解体費用を安くするコツ

30坪の家の解体費用を安く抑えるためには、いくつかのコツがあります。ここでは、具体的に解説をしますので参考にしてください。

解体業者の選び方

30坪の家の解体工事費用を安く抑えたい場合は、解体工事業者の選び方が大事です。まず、解体工事を依頼する際は、必ず複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

同じ条件でも業者によって費用は大きく異なることがあります。複数の見積もりを比較することで、最も費用対効果の高い業者を選ぶことができるのです。

解体業者によって、見積もり価格は大きく異なります。豊富な実績を持つ業者は、当然ながら高い技術力や経験から効率的に解体作業を進めることができるため、費用が安くなる傾向です。

しかしながら、見積上の金額を見る際には注意する必要があります。解体工事費だけでなく、付帯工事費や行政手続き費なども含まれているかどうかを確認しましょう。

また、費用を抑えるためには、信頼できる業者を選ぶことが重要です。過去の実績や口コミを確認し、適正な価格で高品質なサービスを提供している業者を選びましょう。

必ず確認していただきたいのは、解体業者のホームページとgoogle mapです。
こちらは弊社のホームページ上にて掲載させていただいている、お客様からの口コミです。

google mapに関しても、最近は解体業者の評判や口コミを知るうえで非常に重要です。下記は弊社のgoogle mapですが、このような口コミはとても参考になるでしょう。

また、解体業者が不正な処分を行わないよう、適切な廃棄物処理の資格を持っているかどうかも確認することが大切です。無資格の業者に依頼をすると後々にトラブルになり、予期せぬ費用が発生する可能性もあります。

,下記の記事は横浜における解体業者選定について解説した記事です。しかしながら、解体工事の選び方については、全国でも共通する部分が多いため、参考にしてください。

解体時期を選ぶ

解体工事の費用は、時期によって変動します。繁忙期である春や秋は、解体業者のスケジュールが埋まりやすく、費用が高くなる傾向があることは前述しました。

逆を返せば、夏や冬は比較的依頼が少ないため、費用を抑えられる可能性があります。また、6月など天候が不安定な時期も工期が長引く可能性があるため、避けたほうが賢明です。

しっかりと解体費用を安く抑える時期を見極めましょう。

廃棄物の事前整理

解体前に家の中の不要品を自分で整理しておくと、廃棄物の処分費用を抑えることができます。また、リサイクル可能なものはリサイクル業者に引き取ってもらうことで、処分費用を減らすことができるでしょう。

補助金の活用

自治体によっては、建物の解体に対して補助金を出している場合があります。解体工事を行う前に、自治体のホームページや窓口で補助金制度を確認し、利用できるものがあれば活用しましょう。

補助金については次項で詳しく解説します。

30坪の家の解体費用を安くする補助金

前述した通り、30坪の家の解体工事費用を安く抑える手段の一つに、各自治体の補助金があります。空き家対策や災害復旧、耐震改修促進などを目的とした解体工事に対する補助金制度を設けている自治体は多いです。

30坪の解体費用を安く抑えるために、所有する建物の自治体のホームページなどを見て補助金は必ずチェックしましょう。申請することで費用の一部を補助してもらえます。

補助金制度の種類

解体工事に関する補助金制度は、以下の3種類が主なものです。

空き家対策に関する補助金

空き家となった建物の解体費用の一部を補助する制度です。空き家は老朽化や倒壊の危険性が高く、補助金を設けることで対策を行う自治体は多いです。

目的はもちろん、空き家問題の解消になります。地域によって補助金額や対象となる建物などが異なりますので注意しましょう。

災害復旧のための補助金

災害によって甚大な被害を受けた家屋を解体する場合、国や自治体から補助金が出る制度があります。災害の種類(地震や台風)、被災状況によって補助金額や対象となる建物などが異なります。

耐震改修のための補助金

主に木造住宅にはなりますが、耐震診断や耐震改修工事に対する補助金制度です。地震大国である日本では、耐震性能の向上による地震被害の軽減のため、解体工事に補助金制度を設ける自治体があります。

補助金の申請方法

対象となる補助金制度を確認する

まず、解体する建物がどの補助金制度の対象となるのかを確認する必要があります。対象となる補助金制度は、自治体によって異なるため、お住まいの自治体のホームページなどで確認しましょう。

2. 必要な書類を準備する

補助金の申請には、以下の書類が必要となります。

申請書各補助金制度ごとに定められた様式のものが必要です。
土地・建物の登記簿謄本土地と建物の所有者であることを証明するものが必要です。
住民票申請者の住所を確認するためのものです。
印鑑証明書本人確認のためのものです。
解体業者との契約書解体工事を請け負う業者との契約書が必要です。
見積書解体工事の見積書が必要です。
その他制度によっては、写真や図面などの資料が必要となる場合があります。

申請窓口に提出する

必要な書類を準備したら、申請窓口に提出します。申請窓口は、自治体によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

審査を受ける

申請窓口に書類を提出したら、審査を受けます。審査には、数週間から数ヶ月かかる場合もあるので、審査期間も確認しましょう。

審査結果の通知

審査結果が決定したら、申請窓口から通知されます。補助金が支給される場合は、指定の口座に振り込まれるケースが多いです。

補助金を申請する際の注意点

補助金を申請する際の注意点は主に下記です。事前に確認のうえ、しっかり準備をしましょう。

申請期限補助金には、申請期限があります。期限を過ぎてしまうと、申請を受け付けてもらえない場合があります。
必要書類必要な書類が全て揃っていないと、申請を受け付けてもらえない場合があります。
審査基準補助金の審査基準は、制度によって異なります。審査基準を満たしていないと、補助金が支給されない場合があります。
補助金の使い道補助金は、解体工事費にのみ使用することができます。

解体工事における補助金の申請方法は、複雑な場合もあります。必要に応じて、お住まいの自治体の担当窓口や解体業者などの専門家に相談すると良いでしょう。

以上が手続きの流れです。また、補助金をしらべるにあたって、申請期限と対象の建物はしっかり注意して確認しましょう。

横浜市の解体関連の補助金制度

横浜市では、解体工事に対する補助金制度を設けています。30坪の家の解体工事でも適用される可能性があるものなので、しっかり事前に確認しましょう。

住宅除却補助制度

横浜市では、木造住宅等の耐震化支援を行っています。30坪程度の家で木造であるなら、審査を受けると良いでしょう。補助内容としては除却(解体)工事費用に対して、一般世帯には最大20万円、非課税世帯では最大40万円の補助が行われるというものです。

参考:横浜市|住宅除却補助制度

対象は昭和56年5月末日以前に建築確認を得て着工された建築物なので、みなさんが所有する住宅が適用させるか確認してみてください。しかしながら、長屋や共同住宅の空家・貸家に関しては、倒壊等のおそれがある空家と判断される必要があり、それ以外は補助対象外とのことです。
詳細は横浜市の公式HPで確認しましょう。

建築物不燃化推進事業補助

横浜市では、住宅除却補助制度のほかに「建築物不燃化推進事業補助」という補助金制度もあります。

参考:横浜市|不燃化推進補助

横浜市の中でも地域が限定される補助金制度になるので、みなさまの所有する家が該当地域にあるかを確認してください。目的は、火災による被害が特に大きいと想定される地域(重点対策地域)等で、古い建築物を解体する場合や新しい建築物を建てることでの対策です。

この補助金は、解体工事費や新築に係る工事費を最大150万円の補助を行う制度です。みなさまの解体工事を行う住宅が該当地域であり、且つ、補助金の対象となりえるかを事前に確認しましょう。

こちらも詳細は横浜市の公式HPで確認してください。

川崎市の解体関連の補助金制度

川崎市にも、地域限定の解体関連の補助金制度があります。川崎市で30坪の家の解体を検討する際には、解体したい建物が該当するか確認しましょう。

住宅等不燃化推進事業

この補助金は、川崎市内で火災による被害が特に大きいと想定される地域(重点対策地域)に限定した補助金です。老朽建築物除却(=燃えやすい古い家屋を解体する)や耐火性能強化(=燃えにくい建物を建てる)の工事を行う際の費用の一部が補助がされる制度になります。

参考:川崎市|住宅等不燃化推進事業(老朽建築物除却工事 又は 耐火性能強化工事)

老朽建築物の解体除却工事で最大100万円、耐火性能強化工事(新築・改修)の場合は最大200万円が補助される金額です。繰り返すように、川崎市内でも重点対策地域のみ対象という、地域が限定された制度になります。

所有する建物が適用されるかどうか、川崎市の自治体窓口で確認しましょう。

詳細は川崎市の公式HPで確認してください。

まとめ

30坪の家の解体費用には様々な要因が影響します。相場を把握し、費用を抑えるための方法を知っておくことは、計画を立てる上で非常に重要です。

また、坪数に関わらず補助金などは各自治体で設けられているケースがあります。しっかりと確認のうえ、もし補助金が適用されるようでしたら準備を行いましょう。

最後に、神奈川県、川崎市や横浜市での解体は是非弊社サンライズにお問い合わせください。弊社は川崎市や横浜市において累計2,535件以上の家屋解体・解体工事の実績があります。

もちろん、30坪の家の解体工事も実績があるのでご安心ください。お客様からの信頼を第一に、みなさまにとってベストな解体工事になるようサポートさせていただきます。

フリーダイヤル(0120-330-270)、またはLINEからご相談いただけます。

みなさま、お気軽に相談してください!

神奈川県横浜市の解体工事専門店 サンライズ|無料相談はこちらから!
神奈川県横浜市の解体工事専門店 サンライズ|アスベストについて

サンライズのスタッフSTAFF

横浜地域密着の解体工事・家屋解体のプロにお任せください。

解体工事や家屋解体に関するお悩みごとは、些細な事でも私たちにお気軽にご相談ください!

営業部 課長天野 健史

取締役平本 義一

工事部長藤田 素久

工事部山田 拓

現場取締稲垣 洋平

代表取締役社長酒井 一謹